「安いニッポン」で介護職だけ待遇アップ!?~本当にコワイのは3年後・・・~

いきいき介護職

皆さん、こんにちは!

 

初心者ケアマネの「ぽんてん」です。

 

今回は、介護職のマネー事情についてのお話です。

 

2019年の介護職の年収や離職率が発表されました。

 

結論から申しますと、介護職の年収は全体的にやや増えています。

 

そして、離職率は全産業平均を下回りました

 

これは今、書籍「安いニッポン」で話題になっている、

 

日本の賃金・物価が上昇していない(横這い)ことと関りがあるのかもしれません。

 

2019年といえば、コロナウイルスの影響はほとんどありません。

 

2021年、離職率は更に下がっているかもしれませんね。

 

それでは、今回のポイントです。

 

今回のポイント
  1. 2019年介護職の平均年収は約354万円(残業・夜勤手当のぞく)
  2. 介護職の離職率14.9%で、全産業(15.6%)を下回る
  3. しかし、介護職の6割が「不足」を感じている
  4. 3年後の介護報酬改定が怖い理由

 

 

 

ぽんてん
ぽんてん

介護職魅力を感じている人今働いている人辞めようかな~と考えている人・・・。

知っておいて損のない情報ばかりですので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

それでは、詳しく見ていきたいと思います。

 

  

介護職の平均賃金はいくら?

 

 

介護労働安定センターが8月に「介護労働実態調査」の結果を発表しました。

 

私も、事業所でアンケートに答えました!

 

結果は、次の画像のとおりです!

 

 

これは、役職手当や交通費など定期的な収入は含まれています。

 

そして、残業代などの不定期な収入は含みません

 

次章では、ボーナスについて見ていきましょう!

 

 

ボーナスはいくら?

 

 

それでは、次にボーナスについて見ていきます。

 

どれくらいの事業所が、ボーナスを出していると思いますか?

 

答えは・・・、76.2%です。

 

2019年は、コロナの影響を受けていません。

 

現在は、もう少し厳しい数字が出るかもしれませんね。

 

そして、気になるボーナスの金額についてです。

 

ボーナスの年額は、平均62万6094円です。

 

これも、前年より2万6千円程度アップしています。

 

 

皆さんは、多いと感じますか?

 

それとも、少ないと感じるでしょうか? 

 

次章では、全産業との比較を見ていきます!

 

 

書籍「安いニッポン」とつながる「介護職の離職率」とは?

 

 

今、書籍「安いニッポン」がよく取り上げられます。

 

 

 

簡単にポイントを申し上げます。

 

 

「安いニッポン」の内容
  1. 日本の給与・物価は、世界でダントツ安い
  2. 日本はここ30年間、給与や物価が上昇していない。
  3. アジア諸国を含む世界は、上昇している。
  4. ディズニーランドの入場料は、日本が世界最安
  5. 大卒の初任給は、アメリカ600万円に対し日本250万円

 

そして、今回一番お伝えしたいのが、

 

2020年の介護職の離職率14.9%で全産業(15.6%)を下回った!

 

ということです。

 

一時は、介護職の離職率は20%を超えていました。

 

その時に比べると落ち着いていると言えます。

 

 

介護スタッフ
介護スタッフ

介護職の待遇がよくなったから、離職率が下がったのかな?

 

 

そう願いたいですが、そんな簡単な話ではありません…。

 

それを裏付ける資料があります。

 

アンケート調査によれば、

 

介護職の6割は、「不足感」を感じているのです!

 

 

介護職は給料安いし、仕事キツイわ・・・。

でも、他の仕事もパッとしないしなあ・・・。

 

 

こう考えているのではないでしょうか?

 

もちろん、コロナの影響もあるでしょう。

 

辞めたいけど、他の仕事がない!

 

こんな追い込まれた中で「仕方なく」介護職を続けているスタッフもいるのです。

 

そして、3年後に最悪なケースを迎えてしまう可能性があります。

 

次章に続きます。

 

怖いのは3年後の財務省

 

不足感をもちながら、他に仕事がなく介護職を続けている。

 

そして、3年後に最悪なことが起こります。

 

 

財務省
財務省

介護職は、給料も上がり離職率も落ち着いています。

つまり、恵まれている!

しかし、経済はコロナで疲弊しています!

2024年の介護報酬改定は、大幅に引き下げます!

  

 

そして、事業所は更に業績ダウン・・・

 

人材確保が難しい状況に・・・

 

そして、アフターコロナで好況の他産業に人材をさらわれる・・・

 

 

ぽんてん
ぽんてん

悪く考えすぎでしょうか?

間違いなく、3年後政府は介護報酬引き下げの口実を探してきます。

今のうちに、魅力ある事業所を作り人材を確保したいですね!

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

少し暗いお話になりました。

 

しかし、給料アップや離職率低下に安心している余裕はありません。

 

「安いニッポン」における給料や物価が上がらないことへの心配・・・

 

心配は尽きませんが、私たちに出来ることは必ずあります!

 

目の前の利用者さんを大切にし、仲間との絆をより深めることです。

 

介護が「制度ビジネス」である以上、大金持ちにはなれません。

 

しかし、お金では買えないものが介護にあるのも事実

 

しっかり前を向いて進んでいきたいですね。

 

それでは、「本日の気付き=レベルアップ」です。

 

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました