あなたは「ニッパチ闘争」を知っていますか?~看護婦たちの闘いに学ぶ~

いきいき介護職

皆さん、こんにちは。

 

ケアマネージャーの「ぽんてん」です。

 

利用者さんの在宅生活を支える仕事をしています。

 

さて、ここ最近「介護職の賃上げ」ホットワードになっています。

 

感謝される一方で、まだまだ足りないとの意見も・・・。

 

そして、介護職の「ワンオペ夜勤の廃止」を求める動きも活発になっています。

 

 

 

 

この流れを一言でまとめると・・・

 

「介護職の地位向上」です。

 

昨日、先輩ケアマネ(ナース)と話していると…

 

 

先輩ケアマネ
先輩ケアマネ

介護職の地位向上が話題になってるね。

私たち看護師は、闘いの中から「現在の地位」を手に入れたのよ!

それを「ニッパチ」闘争といいます。

 

 

 

「ニッパチ!?何ですか?それ!!」

 

というわけで、

 

今回のテーマは、これです!

 

「看護婦は、どのようにして高い地位を手にしたのか?」

※あえて当時のまま「看護婦」と呼んでいます

 

そして、私たち介護職がこれからどうすべきなのかについても考えます。

 

介護職の給料や地位向上に興味のある方は、是非ごらんください!

 

それでは、最初に今回のポイントと結論です。

 

 

ポイントと結論
  • 看護婦の労働環境は、かなり劣悪だった
  • 月に20日夜勤、日々13時間労働も・・・
  • 40人の患者を一人で対応
  • 1968年新潟で看護婦によるデモが改善のきっかけ
  • 「ニッパチ」とは、「夜勤は2人以上で月8回まで」の取り決め

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

ナースは、どのように高い地位を手にしたのか?

ナースの給料について

 

 

 

看護師さんの給料について、どのようなイメージを持っていますか?

 

一般には、「高い」イメージだと思います。

 

年収について調べてみました。

 

 

年収について
  • 看護師  492万円
  • 介護職  350万円
  • 全産業  436万円

 

 

看護師の年収は、全体平均を上回っているんですね!

 

それに比べると、介護職って・・・

 

だからこそ、介護職の地位向上が求められているんです!!

 

次章では、看護師の地位が向上するきっかけについてお話します。 

 

 

きっかけは「ニッパチ闘争」

 

 

 

1960年代、「看護婦さん」は現在では考えられない劣悪な環境で働いていました。

 

そこで、1965年「ニッパチ」が制定されます。

 

ニッパチとは、

 

「夜勤は2人以上で月8回まで」の意味です。

 

ところが、その制度は守られることは少なかったようです。

 

そこで、看護婦たちは立ち上がります。

 

1968年、新潟でストライキを起こし全国へ拡大します。

 

そして、「ニッパチ」は全面的に受け入れられたのです

 

先輩ケアマネは、当時を次のように振り返っています。

 

 

先輩ケアマネ
先輩ケアマネ

ナースは、労働組合が非常に強いからね。

夜勤スタッフが一人になる場合は、管理者がフォローで入ってたよ。

それだけ「ニッパチ」協定が守られていたんだね!

 

 

看護婦さんたちは、自らの手で「地位」を勝ち取ったんですね!

 

次章では、当時の劣悪な環境について見ていきます。

 

当時の「看護婦」の労働環境

 

 

「ニッパチ」までの労働環境は以下の通りです。

 

想像するだけでも、相当ハード!ですね・・・。

 

 

当時の労働環境
  • 月に20日夜勤
  • 40人の患者を夜勤1人で対応
  • 1日13時間労働は当たり前

 ※あくまでも例であり、すべてが該当するわけではありません

 

 

いくら仕事に誇り・やりがいを感じていても、心や身体が悲鳴を上げてしまいます。

 

次章では、「介護職はどうすべきか」について見ていきます。 

 

介護職の給料アップで高まる議論

賃金9000円アップが「ホットワード」に

現在、介護職の賃金アップが話題になっています。

 

 

 

 

多くの議論を呼んでいるようです。

 

とってもいいことですよね!

 

  • 9000円の賃上げはうれしい!
  • まだまだ足りてない!
  • 財源は、どうするんだ(怒)
  • ドライバーやケアマネも上げてくれ!  etc・・・

 

みんな、もっともっと声を上げようではありませんか!

 

求められるのは「ワンチーム」

 

 

看護婦さんたちは、自らの手で地位や環境を手にしました

 

私たち介護職にも、「団結」が求められるのではないでしょうか?

 

愛知県で、「介護職ワンオペ夜勤をなくす運動」が始まっています。

 

 

 

全国に広がれ!

 

いや、広げよう!!

   

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、「介護職の地位向上」について見てきました。

 

看護婦さんたちの「闘い」から学ぶものは多かったですね!

 

これに見習い、私たち介護職も「ワンチーム」で世の中を変えたいですね!

 

そして、自分たちの地位を確立しましょう!

 

それでは、今回のハイライトです。

 

 

本日のハイライト
  • 看護婦さんたちは、「ニッパチ闘争」で自らの地位を勝ち取った
  • 介護職も「ワンチーム」になろう!
  • 愛知県で上がっている「声」を拡大させよう!

 

 

声を上げるのは、勇気もエネルギーも必要です。

 

大きなことは出来なくても、

 

職場の仲間に「夜勤ワンオペ無くす運動があるみたいだね」

 

と、話すだけでもいいと思います。

 

この記事も、何かのきっかけになればと願っています。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました