ついに来た!ワクチン優先接種の代わりに感染者訪問!?~在宅系介護職の選択と理由~

いきいき介護職

 

ぽんてん
ぽんてん

こんにちは。

デイサービス管理者をしている「ぽんてん」です。

今回は、コロナワクチン優先接種のお話です。

筆者のデイサービスでの様子をお伝えします。

  

この記事は、在宅系介護職のコロナワクチン接種に興味がある人を対象に書かれています。

 (※在宅系とは、デイサービスや訪問ヘルパーなどを指します)

 

この記事で分かること
  • デイサービスに届いた通知の内容(ワクチン優先接種なら、感染者訪問)
  • 筆者のデイサービス職員が、どのように反応したのか
  • 接種を希望する職員・希望しない職員、それぞれの理由

 

令和3年5月中旬、筆者のデイサービスに市町村から通知が届きました。

 

内容は、

 

市町村からの通知内容
  • デイサービス職員の中に、コロナワクチン優先接種の希望者がいるかどうか
  • 優先接種を行うには、同意書の提出が必要
  • 同意書「優先接種を行った職員は、コロナ感染者宅へ訪問し介護サービスを提供する意思がある」

 

ワクチンの優先接種を行った場合、自宅療養しているコロナ感染者介護サービスを提供する可能性があります。

 

その結果、筆者のデイサービスでは約3分の1の職員が接種することを希望しました。

 

それでは詳しくお話していきます!

 

市町村からの通知について

厚労省の発表

厚労省は事前にこのように発表しています。

 

厚生労働省
厚生労働省

「施設系」介護職さんには、コロナワクチンを優先接種しま~す。

「在宅系」は優先しませんよ。

だって、代わりがあるからね。

 

 

このように発表し、かなりの非難を受けました。

 

そして、方針を転換・・・。

 

厚生労働省
厚生労働省

仕方ないから、在宅系介護職にも優先接種してあげます。

そのかわり、自宅療養する感染者宅で介護サービスしてね~。

 

 

在宅系介護職は、以上のような「条件付き接種」を提案されています。

 

次章では、市町村の動きについて見ていきます。

市町村の動き

 

 

上記の厚労省の発表を受けて、市町村は行動しています。

 

筆者のデイサービスに届いた市町村からの通知は、厚労省の発表と同内容です。

 

市町村からの通知内容
  • デイサービス職員の中に、コロナワクチン優先接種の希望者がいるかどうか
  • 優先接種を行うには、同意書の提出が必要
  • 同意書「優先接種を行った職員は、コロナ感染者宅へ訪問し介護サービスを提供する意思がある」

 

 

ただ、福岡市のように独自の判断で、

 

介護職全員に無条件でワクチンを優先接種する自治体もあります。

 

 

 

ぽんてん
ぽんてん

筆者の市町村は、高齢者比率が高いので無条件接種を期待していました。

しかし、感染者への介護サービス提供という条件が付いてきました。

残念です・・・。

 

デイスタッフの決断

 

 

筆者のデイサービススタッフ「3分の1」が優先接種を希望しました。

 

これが多いとか少ないとかは正直分かりません。

 

多ければいいというものでもないです。

 

スタッフが自分で出した決断であり、尊重したいと思います。

 

次章では、接種を希望したスタッフ、希望しなかったスタッフ理由についてお話します。

  

希望した理由

 

筆者のデイサービス「3分の1」のスタッフが優先接種を希望しています。

 

その理由は・・・

 

スタッフが優先接種を希望した理由
  1. ワクチンを打ったら、感染しないから
  2. 地方都市であり、医療がひっ迫していないから
  3. 副反応リスクを考えて分散接種したいから

 

理由①「ワクチン接種したら、感染しないでしょ!」

 

もっともな考えですね。

 

でも、日本でワクチンがどこまで有効か・・・

 

未知の部分はあります。

 

次に、理由②「地方都市だし、医療がひっ迫していないから」

 

筆者の施設は、地方都市にあります。

 

都会の医療状況ほど、ひっ迫していない様子。

 

コロナ感染者が自宅療養している話も聞きません。

 

非常時、冷静に状況分析し判断することは大切ですよね!

 

最後に、理由③「副反応リスクを考えて分散接種したいから」

 

これは、管理者泣かせですね。(嬉しい方の)

 

いちばん恐いのは、スタッフが副反応で出勤できないことです。

 

全員が一斉に接種すると、副反応による欠勤リスクが高まる・・・。

 

なので、バランスを考えて接種を選ぶスタッフも居ました。

 

希望しない理由

 

 

ワクチン優先接種を希望しないスタッフの理由です。

 

もちろん、個人の考えなので肯定も否定もしません。

 

説明する時も、

 

「会社として、(優先接種するかどうか)どちらが嬉しいとかは一切ないよ」

 

と伝えています。

 

これは、建前でなく本当にそうなのです。

 

それでは、スタッフが希望しなかった理由です。

 

スタッフが優先接種を希望しなかった理由
  1. そもそもワクチンを接種する予定がない
  2. 家族のことを考えて希望しない(高齢者や子供、妊娠中の家族がいるなど)

 

理由①「そもそもワクチンを接種する予定がない」

 

アレルギーがあり、心配で受けられない人もいます。

 

優先は関係なく、そもそもワクチンを接種しない考えの方ですね。

 

理由②家族のことを考えて希望しない」(高齢者や子供、妊娠中の家族がいるなど)

 

いくらワクチンを接種しても、感染者を訪問するのはリスクが高すぎる・・・

 

こう考える方も多くいます。

 

家族に高齢者や子供がいる場合、慎重になるのも理解できます。

 

いずれはワクチン接種するにしても、優先は辞退するという考えですね。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、コロナワクチンの優先接種についてお話しました。

 

一番いいのは、政府が介護職全員に優先接種してくれることなのですが・・・。

 

なかなか難しいようです(苦笑)

 

また、ワクチン接種については個人の考えがあります。

 

希望する人も希望しない人も、感染予防に努めて一日も早く収束させたいですね。

 

それでは、本日のポイントです。

 

市町村からの通知内容
  • デイサービス職員の中に、コロナワクチン優先接種の希望者がいるかどうか
  • 優先接種を行うには、同意書の提出が必要
  • 同意書「優先接種を行った職員は、コロナ感染者宅へ訪問し介護サービスを提供する意思がある」

 

 

スタッフが優先接種を希望した理由
  1. ワクチン打ったら、感染しないから
  2. 地方都市だし、医療がひっ迫していないから
  3. 副反応リスクを考えて分散接種したいから

  

スタッフが優先接種を希望しなかった理由
  1. そもそもワクチンを接種する予定がない
  2. 家族のことを考えて希望しない(高齢者や子供、妊娠中の家族がいるなど)

 

 

何度も言いますが、ワクチン接種は個人の考えを尊重して進めていきたいですね!

 

皆さんの施設では、どのような反応でしょうか?

 

コメントお待ちしています!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました