なぜ同時に?スタッフにアクシデント続出~何とかならんかったことはない~

雑記

私は、地方のデイサービスに勤務しています。

 

コロナウイルス「第二波」と呼ばれる危機が迫っているものの、

 

緊急事態宣言も、ひとまず解除に・・・。

 

私の勤務するデイサービスでは、利用者さん・スタッフ共に健康です。

 

コロナウイルス渦であることが嘘のような、穏やかな日々です。

  

しかし、今から1か月前は本当に厳しい状況でした。

  

私の勤務するデイサービスを支えてくれるパートさん達に

 

相次いでアクシデントが襲ったのです。

 

「今だからこそ落ち着いて書くことが出来る」感ハンパないです。

 

実際に次のアクシデントが、「ほぼ同時」に起きました。

 

  • コロナ休校で、子供さんを自宅で見るためお休み
  • ギックリ腰お休み
  • 胆石手術につきお休み
  • スタッフのお母さんが発熱。お休み。

 

いや、本当にもう思い出すだけで吐きそうです(泣)

 

「もう運営出来ないのでは」と逃げたくなりましたが、

 

他部署からの応援や、出勤できるパートさんのお陰で何とか

 

事なきを得ました。

 

腰痛も治り、ご家族さんもお元気になられ本当に良かったです。

 

それでは、あまり思い出したくはありませんが詳しく振り返ります。

スポンサーリンク

コロナ休校により、お子さんをみるためにお休み

緊急事態宣言が発令され、学校はお休みに。

 

私の勤務する地域では、コロナウイルス感染は報告されていませんが適用されます。

 

よって、お家でお子さんを見る方はお休みになります。

 

これは、仕方ありません。

 

ちなみに、コロナウイルス休校が原因で欠勤の場合は、

 

政府の補助により賃金が補償されま

 

これは、本当にありがたかったです。

 

パートさんも喜んでおられましたが、僕も嬉しかったです。

ぎっくり腰お休み

これです。

 

頼りのパートさんが、同時にお休みになった恐ろしいお話。

 

これこそが、僕が一番「う~ん」と唸ったやつです

 

そのパートさんが、小学校の登校見守り当番をした時に・・・。

 

あるお子さんが、学校に行くのを嫌がったらしいのです。

 

パートさんは、なんとその子をムリヤリ抱えて学校へ連れて行ったらしいのです。

 

しかも、自分の子供やない他人の子供ですよ・・・。

 

そして、ギックリ腰って・・・。あなたは一体・・・。

 

本人さんはもちろん気の毒やけど、よその子抱えて学校に放り込むなんて・・・。

 

ギックリ腰より、そっちの方が僕は怖い・・・(泣)

胆石手術によりお休み

パートさんの同時お休みも、これは致し方ありません。

 

ひと昔前は、音波で石を破壊!していたと聞いたことがあります。

 

でも、今はもう破壊は行わないらしいですね。

 

結局、破壊された細かい石が良くないみたいです。

 

「時代によって色々変わるんやんなあ」としみじみ思いました。

 

このパートさんの手術は成功しています。

 

あと1~2週間で復帰かなあと思っています。

スタッフのお母さんが発熱でお休み

これも、通常であれば病院受診して治療します。

 

でも、今はコロナウイルスの影響で発熱時受診が出来ないのです。

 

数日して発熱が下がってから、ようやく受診。

 

結果、コロナウイルスでなく普通の風邪でしたとのこと。

 

本当によかった。

 

今はもうお元気になられて、スタッフは出勤してくれています。

 

つくづくコロナウイルスの影響を実感してしまいました。

最後に・・・

突然、私の勤務するデイサービスを襲った「同時アクシデント」。

 

パートさんの出勤が激減し、運営も危ぶまれました。

 

しかし、他部署からの応援や出勤できるスタッフの頑張りで

 

何とか乗り切ることが出来ました!

 

  • コロナ休校で、子供さんを自宅で見るためお休み
  • ギックリ腰お休み
  • 胆石手術につきお休み
  • スタッフのお母さんが発熱。お休み。

 

これだけの事件が起こりながらも、乗り切れたのは

 

スタッフみんなのお陰です!

 

今は、みんな元気に過ごしています。

 

間違いなく一番驚いたのは、小学生をムリヤリ抱っこしたパートさんですが・・・。

 

これからも、みんな無理せず健康に働きましょうね!

 

最後に、うちのレジェント職員の言葉で締めたいと思います。

 

「今まで、何とかならんかったことはない。」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました