介護に転職で20万円~「超お得パック」で2万2千人の仲間が増えるか?~

いきいき介護職

厚生労働省が大胆な方針を発表

 

ぽんてん
ぽんてん

厚生労働省は、介護職人材確保のため大胆な方針を発表しています。

コロナウイルスの影響で、失業や休業している人が対象です。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

あ!それ知ってます。

20万円貸付けしてもらい、2年間介護施設で勤務すれば返済不要なんですよね!

 

ぽんてん
ぽんてん

そうです。

それに加えて、生活費や研修費も国が負担する「超お得パック」を提案しています。

   

介護スタッフ
介護スタッフ

それはすごいですね!

まさに「介護職スターターパック」

 

ぽんてん
ぽんてん

生活費は失業保険として給付されます。

研修も、以前から転職希望者には無料で実施されていました。

筆者も、ハローワークでヘルパー2級資格を取得しました。

  

介護スタッフ
介護スタッフ

以前からの制度に、20万円支給という目玉企画を合体させた感じですね。

 

ぽんてん
ぽんてん

その通りです。

ハローワークも強力バックアップを行うでしょう。

他にも、コロナ失業者を雇用する企業に補助金を出す方針です。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

国も頑張っていますね!

何とかして、コロナ失業者を介護職につなげようとしている。

 

皆さん、こんにちは。

 

デイサービスで管理者をしている「ぽんてん」と申します。

 

コロナウイルス第3波の影響が広がる中、厚生労働省が動きました。

 

介護職の人手不足を、「コロナ離職者・休職者」で打開しようとするものです。

 

介護職へ転向する人に、資金の貸付けや生活費の提供、無料研修まで用意します。

 

まさに、「超お得パック」と言えます。

 

コロナ離職者は、8万人以上とも言われています。(令和3年1月現在)

 

厚生労働省は、その中から2万2千人を介護職にする目標を立てました。

 

今回は、厚生労働省が企画している「超お得パック」の内容と問題点について見ていきます。

 

それでは、最初に結論です。

 

「超お得パック」の内容

  • 20万円の貸付け(2年間勤務で返済不要)
  • 生活費の支給(失業保険など)
  • 研修を無料で受講できる

  

◎問題点

  • コロナ休業者の助成金が手厚く、今一つ踏ん切りがつかない。
  • 目先のお金だけでなく、介護界のイメージアップを行うべき

それでは、詳しく見ていきましょう!

介護へ転職する人に「超お得パック」

 

厚生労働省は、介護職の人手不足を解消するため大胆な方針を発表しました。

 

それは、

 

「20万円貸付け、生活費支給、無料研修の提供」

 

3本柱です。

 

それでは、詳しく見ていきます。

20万円の貸付けについて

 

特徴的なのは、就職前に支給という点です。

 

いわゆる「支度金」のような形です。

 

2年間勤務すれば、返済不要なのは大きいですね。

  

「生活費」「研修費用」も国が支給してくれます。

 

まさに、最強の「介護職スターターパック」です。

  

  • 就職前に20万円貸付け
  • 2年間、介護職として勤務すれば返済不要

 

過去に、記事で取り上げています。

 

 

 

それでは、次の章で「研修」について見ていきます。

 

無料研修の実施

介護スタッフ
介護スタッフ

介護の経験がない人が、いきなり介護の世界に入るのは勇気が必要ですね。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

研修はあるんですか?

 

ぽんてん
ぽんてん

これまでも、失業者を対象「介護職員初任者研修」などが実施されてきました。

コロナウイルスにより影響を受けた方々にも、同様に実施されます。

受講料は、国が負担します。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

それは、うれしいですね!

研修期間は、どれくらいですか?

 

ぽんてん
ぽんてん

期間は2~6ヶ月です。

民間の機関が研修を実施します。

ちなみに、筆者もこの研修で介護界に飛び込みました。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

他業種からも、どんどん飛び込んで来てほしいですね!

 

初任者研修については、過去に取り上げています。

 

次の章では、「生活費」について見ていきましょう!

生活費の支給

 

「介護職員初任者研修」などを無料で受講できることを、前章でお話しました。

 

研修を受講する期間、生活費も国から支給されます。

 

内容は、以下の通りです。

  

  • 元会社員 ⇒ 雇用保険の失業手当(1日最大8370円)を受け続けることができる
  • 雇用保険に入っていない人 ⇒ 月10万円の給付金がもらえる

 

これは元々あった制度です。

 

失業している人は短期職業訓練を受講する間、失業手当をもらうことが出来ます。

 

「20万円貸付け」と合わせることで、「超お得感」を引き出しています。

 

まさに、

 

「合わせ技1本!」

 

といったところです。

 

次章では、「本当に人が集まるか?」について考えます!

 

本当に介護へ人が集まるのか

 

介護人材不足に一石を投じる!

 

「超お得パック」からは、国の本気度が伝わってきます。

 

この章では、「介護職の有効求人倍率」「人が集まるための問題点」について見ていきます。

 

介護職の有効求人倍率は

介護施設の有効求人倍率は、約4倍と言われています。

 

介護職員1人に、4事業所からオファーが届くという形です。

 

訪問ヘルパーについては、なんと15倍!

 

ヘルパーさん1人をめぐって、15事業所からオファーが届くことになります。

 

介護職は、引く手あまたです。

 

 

次の章では、コロナ助成金について見ていきます。

コロナ助成金が、転職を妨げている?

 

コロナウイルスの影響で業績が上がらず、休業者を抱える企業も多くあります。

 

国は、そのような企業に対して助成金を出しています。

 

その金額は、2.5兆円に上ります。

 

これは、大きな金額です。

 

企業によっては、助成金だけで休業補償が出来てしまうこともあります。

 

良いことなのですが、そうなると、

 

「とりあえず今をしのいで、コロナ収束を待とう」

 

と考える人がほとんどでしょう。

 

国の助成金が充実しすぎていて、「介護で働こう!」を妨げているとも言えます。

 

次章では、「介護に人を呼ぶためにどうするか」を考えます!

 

小手先よりも、介護界のイメージアップを

 

介護スタッフ
介護スタッフ

国が考えている「超お得パック」について、よく分かりました。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

でも、休業者へのコロナ助成金もあります。

「じゃあ介護へ行こう!」とは、簡単にはなりませんね。

 

ぽんてん
ぽんてん

そうです。

「超お得パック」は、評価してもいいと思います。

しかし、「介護の良い点」を更にアピールするべきです。

 

介護スタッフ
介護スタッフ

ニュースでも、暗い話題ばかりが目につくもん。

虐待とか、人手不足とか・・・。

 

ぽんてん
ぽんてん

どの業界にも、良い点・悪い点はあります。

お金も大事ですが、「介護職員にも、こんなに輝いている人がいる!」のようなイメージ戦略にも力を入れたいですね!

 

介護スタッフ
介護スタッフ

そのためには、介護業界全体が盛り上がっていかないと!

 

介護スタッフ
介護スタッフ

他人のせいにせず、自分たちに出来ることは何か

考えて、行動していきたいね!

 

ぽんてん
ぽんてん

今の時代、SNSなど発信することは簡単にできます

「私も介護で働きたい!」と思ってもらえるように、一歩踏み出しましょう!

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、「超お得パック」の内容と「介護に人は集まるのか」について見てきました。

 

それでは、今日のおさらいです。

 

「超お得パック」の内容

  • 20万円の貸付け(2年間勤務で返済不要)
  • 生活費の支給(失業保険など)
  • 研修を無料で受講できる

 

◎問題点

  • コロナ休業者の助成金が手厚く、今一つ踏ん切りがつかない。
  • 目先のお金だけでなく、介護界のイメージアップを行うべき

 

 

国は、介護人材不足を何とかしようと「超お得パック」を導入します。

 

既にあった制度も合わせ、魅力あるキャンペーンになりました。

 

しかし、休業者へのコロナ助成金も手厚く支給されています。

 

キャンペーンだけではなく、介護業界自体のイメージアップを図る必要があります。

 

介護保険制度が導入された頃、介護はもっと温かいイメージだったと思います。

 

「人の役に立ちたい」

 

「こんな自分でも、何かできるのか?」

 

そんな思いで、みんな介護のドアを叩いたはず。

 

しかし、いつからか、

 

低賃金、虐待、不正など暗いイメージしか発信されなくなりました。

 

私たち介護職が下を向いていてはいけません。

 

自分たちが輝いている姿を、もっと世の中に発信したいですね。

 

大切なのは、全員が「自分のこと」として考えることです。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました