介護へ転職で20万、復職は40万もらえます!~今から介護職への転向はアリ?~

いきいき介護職

 

 

 

皆さん、こんにちは。

 

初心者ケアマネの「ぽんてん」です。

 

今回のテーマは、「今から介護職への転向はアリか?」です。

 

筆者も転職組で、約10年前に介護の世界に入りました。

 

現在、政府は介護職員を確保するため「ある政策」を実施しています。

 

それは、

 

介護職員確保のための政策
  • 介護へ転職した人に20万円貸付(初任者研修などを受講し2年間勤務すれば返済不要)
  • 介護へ復職した人に40万円貸付(初任研もしくは実務者研修修了、介護福祉士なら2年間勤務すれば返済不要)

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

けっこうな金額ですよね!

 

今から介護職に就こうと考えている人もおられるはず!

 

 

未経験だけど、介護職やってみようかな~。

以前に介護職してたんやけど、復帰しようかな~

 

こんな風に思っている方はもちろん、現役バリバリで介護職の方もぜひお読みください。

 

今日のテーマ:「今から介護職への転向はアリ?」

 

についての筆者の答えは、もちろん「検討の余地あり!」です。

 

その理由は、

 

介護職への転向がアリの理由3つ
  1. 介護職員への処遇改善が進みつつある
  2. 10年勤務すれば、そこそこの給与がもらえる
  3. ワンチャン、役員クラスになれば・・・

  

以上3つです。

 

それでは詳しく見ていきたいと思います。

 

最後には、筆者の気づき「本日のレベルアップ」も書きたいと思います。

 

どうか、最後までお付き合いください。

 

今から介護職へ転向するのはアリ?ナシ?

こんな人にはおススメしません!

 

 

次のように考えている人は、介護職にはおススメしません

 

年収1千万は欲しいなあ。

リモートワークで働きたいわ!

 

 

こんなことを介護に望む人はいないと思いますが、念のためです・・・。

 

介護職では、介護福祉士の年収は306万円と言われています。

 

あくまでも平均です。

 

4~5百万円台を稼いでいる人も相当数いると思います。

 

それ以上は、役員クラスにならないと厳しいかもしれません。

 

それでは、次章からは「介護へ転向すべき理由3つ」についてお話しします。 

 

検討の余地がある理由3つ

介護職員への処遇改善が進みつつある

 

 

10年前くらいに介護職やってました。

給料が少なくて、辞めたんですよね~。

 

こういう方には復職がおススメです!

 

なぜなら・・・

 

今は介護職員処遇改善手当があり、年収で数十万円違います。

 

もちろん、事業所が取得していれば・・・の話ですが。

 

一部、取得していない事業所もあるので注意です。

 

電話などで確認してから面接しましょう。

 

これからの数年で、事業所は「勝ち組」「負け組」がしっかり別れると言われています。

 

「LIFE」加算など、「結果を求められる介護」へ変貌しようとしています。

 

この流れに付いていけない事業所は閉鎖。

 

つまり、強い事業所のみが生き残ります

 

強い事業所は、加算なども取得しておりスタッフへの還元も手厚いです。

 

「戦国時代を勝ち抜きそうな事業所=加算を取得しており福利厚生も整っている」

 

と考えてもいいでしょう。  

 

10年勤務すれば、そこそこの給与がもらえる

 

 

今、介護界で話題になっていることがあります。

 

介護界で最高クラスの資格を持つケアマネ

 

一方、10年勤務した介護福祉士

 

平均年収は、どちらが高いでしょう?

 

実は、10年勤務の介護福祉士が上なのです。

 

ちなみに10年勤務した介護福祉士の平均年収は400万円程度です。

 

他の産業と比べると、決して高いものではありません。

 

しかし、転職を繰り返すよりも安定した収入であると思います。

 

「介護福祉士を取得し10年働けば、400万円には届く」

 

これは、ひとつの指標になります。

 

ワンチャン、役員クラスになれば・・・

 

 

じゃあ、介護界で年収400万円以上はムリなの?

 

 

来ました!この質問!

 

たった一つだけ方法があります。

 

それは・・・役員クラスに上り詰めることです!

 

役員になれば、収入は無限大です!

 

その代わり、組織の運営に携わるため責任は重大です。

 

修羅の道とも言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、「今から介護への転職はアリか?」について見てきました。

 

筆者の答えは、「検討の余地あり」です。

 

日本は今後、全産業で人手不足になります。

 

介護業界も同様ですが、生き残りをかけて必死に変革が行われるでしょう。

 

政府も事業所も必死です。

 

生き残った強い事業所は、スタッフへの利益還元にも優れているはず。

 

優秀な人材が、強い事業所で働く。

 

これが、新しい「介護の形」です。

 

介護で働くことを希望する人は、少ないかもしれない。

 

でも、

 

介護スタッフ
介護スタッフ

僕は、介護以外で働くなんて考えていない!

 

 

こういう人もいるはずです。

 

そういう方には、ぜひ介護業界に来てほしい。

  

初心者も復帰も大歓迎です。

 

それでは「本日のレベルアップ」です。

 

 

本日のレベルアップ

介護で働くことに、夢と誇りを持とう!

 

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました