介護職になると20万円もらえる?~コロナ禍に待望の制度~

いきいき介護職
スポンサーリンク

はじめに

介護人材不足は、深刻な問題です。

 

そこで、厚生労働省思い切った施策を発表しました。

 

その施策とは、

 

無資格の人が介護に転職すれば、20万円が貸付される

 

というものです。

 

しかも、2年間働けば返済は不要というもの。

 

今回は、この制度について詳しく見て行きたいと思います。

 

この記事は、介護の仕事に興味を持つ人や、制度について知りたい方を対象に書かれています。

 

研修については、自治体などから補助が出る場合もあります。

 

この記事を読むと、次のことが分かります。

 

  • 最大20万円貸し付けの制度について
  • 貸し付けに必要な研修について
  • 研修費用の補助について
  • 介護は本当に「ロクでもない仕事」なのか

 

それでは、詳しく見て行きたいと思います。

制度の内容について

就労支援金最大20万円を支給(条件あり)

 

ぽんてん
ぽんてん

厚生労働省は、以下のことを発表しました。

コロナによる転職・失業者介護へ結びつける狙いがあります。

人手不足解消決定打となるか!注目したいです。

  

 

  • 無資格の人が介護職になった場合、最大20万円を貸し付け
  • 初任者研修など一定の研修が必要
  • 2年間介護職として働いた場合、返済は不要
  • 使用用途は不問

 

 

形としては「就労支援金」の貸付ですが、2年間働くと返済不要

 

国は、介護ウェア引っ越し資金に使って欲しいと話しています。

 

詳細な使用用途は不問です

 

実質のところ、支給と言っても差し支えありません。

 

では、次の章で「研修」について詳しく見て行きたいと思います。

貸し付けには、初任者研修が必要

ぽんてん
ぽんてん

厚生労働省は、制度活用には「初任者研修」等が必要と発表しました。

ここでは、初任者研修についてお話します。

 

初任者研修の内容を、以下にまとめます。

 

  • 130時間の講義を受講
  • 座学・実技もあり(移乗・オムツ交換の仕方など)
  • 最後に確認テストがあるが、真面目に受講すれば合格できる
  • 費用は8~11万円(補助制度あり)
  • 訪問ヘルパーとして、利用者さん宅を訪問できるようになる

 

自治体による補助や、教育訓練給付金の対象になる場合があります。

 

市区町村や、ハローワークなどに問い合わせることをおススメします。

 

また、失業中の方は、ハローワーク経由で無償となる場合があります。

 

 

制度化は来年度を目指す

ぽんてん
ぽんてん

厚生労働省は、来年度の制度化を目指すと発表しています。

良い制度は、一日も早く実施してもらいたいですね。

 

これまでに、介護経験者資格保持者が復帰する場合、資金を貸し付ける制度はありました。

 

しかし、無資格者を対象とするのはこれが初めてです。

 

効果があることを期待しましょう!

 

次の章では、制度について考えてみたいと思います。

制度について考える

今回の制度の目玉は、ズバリこれです!

 

コロナウイルスによる失業・転職者を介護が受け皿となれるか。

 

コロナウイルスによる失業者は、6万人を突破したと言われています。(令和2年10月)

 

政府としても、人材不足の介護業界マッチングしたいところでしょう。

 

介護に興味を持つ人が、一人でも多くドアを叩いてくれたら・・・。

 

 

次の章では、介護は本当に「辛いだけの仕事」なのかを考えます。

介護は本当に「ロクでもない」仕事なのか?

介護は、ブラックな仕事だ。

 

そう思っている人も多く居られます。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

ぽんてん
ぽんてん

介護は、大変な仕事です。

でも、資格を取得してステップアップすることが可能です。

ここでは、介護の良いところを見て行きます。

 

介護がまんざらでもない理由は、次の通りです。

 

  • 資格を取得してステップアップできる
  • 資格手当がもらえる
  • 制度ビジネスであり、大幅なアップも見込めないがダウンも無い
  • 国が介護職の処遇(給与)を改善しつつある(介護職員処遇改善加算など)
  • 前職の経験を活かしやすい

 

給与は低いかもしれませんが、資格や役職があれば手当が付きます。

 

国が介護報酬を定めているので、大幅な給与アップは見込めません。

 

しかし、コロナや不景気にも影響されにくい業種です。

 

年収が去年の半分になってしまう」ことは、まずありません。

 

また、前職での経験が活かせることが必ずあります。

 

筆者は、塾の講師をしていました。

 

今では、初任者研修の講師をすることもあります。

 

また、前職で動画編集をしていたスタッフがいます。

 

そのスタッフは、敬老イベントなどでスライドショーなどを作成し絶賛されています。

 

きっと、あなたの経験も活かすことが出来ます!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、無資格者が介護職になると最大20万円が貸し付けされる新施策について見てきました。

 

コロナウイルスによる失業・転職者の中には、介護に興味を持つ人も居るはずです。

 

そういう方を対象に、今回の施策が決定打となるかに注目です。

 

新施策の特徴は、以下の通りです。

 

  • 無資格の人が介護職になった場合、最大20万円を貸し付け
  • 初任者研修など一定の研修が必要
  • 2年間介護職として働いた場合、返済は不要
  • 使用用途は不問

 

また、介護はブラックだと思っている方も多く居られます。

 

以下の介護の良い点をご覧ください。

 

  • 資格を取得してステップアップできる
  • 資格手当がもらえる
  • 制度ビジネスであり、大幅なアップも見込めないがダウンも無い
  • 国が介護職の処遇(給与)を改善しつつある(介護職員処遇改善加算など)
  • 前職の経験を活かしやすい

介護は、確かに厳しい仕事ですが良い点もあります。

 

そういった点も踏まえて、介護と向き合っていただきたいと思います。

 

中には、

 

最近、介護に就職したばかりで損をした~!

 

と思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、他の人より早くスタート出来たのです。

 

しっかりステップアップして、豊かな人生を歩んでいきましょう!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました