新人が辞めない介護施設にするには~会話の大切さ~

いきいき介護職

先月、私の勤務するデイサービスに新人スタッフが入ってきました。

 

40代後半の男性。介護の経験は無く、資格もありません。

  

初任者研修も受講しておられないので、全くの初心者。

 

息子さんが介護の仕事をしておられ、興味を持たれたとのこと。

 

野球の経験があり、身体は大きいのですが笑顔が良い方です。

 

入社して、早1か月が経過しました。 

 

昨日、無事に入浴介助デビューを果たしました。

 

せっかくの新人ですから、しっかり成長してほしいのは当然です。

 

新人が退職せず、いきいき仕事をしてくれるように実行していることがあります。

 

それは、

 

  • ちょくちょく声掛けを行うこと
  • 休憩時の適度なコミュニケーション
  • 業務終了後に、15分ミーティングを行う

 

どれも特別なことではありません。

 

大切なのは、「私は、あなたを大切に思っています」を伝えることだと思います。

 

特に、業務後のミーティングは必ず行っています。

 

これを行うと、毎回どんな事に不安を感じているかを把握することが出来ます。

 

わずか15分この時間をつくることで、成果は全く違ってきます。

 

それでは、詳しく書いていきたいと思います。

適度に声掛けを行うこと

これを書くと、「利用者様かよ!」とツッコまれるかもしれません(笑)

 

しかし、ある意味「利用者さん以上に」しっかり見守る必要があると思います。

 

初心者の方はもちろん経験者であっても、今の施設については「ビギナー」です。

 

「戸惑っていないか?」「不安に思っていないか?」

 

こまめに声を掛けることが非常に大切です。

 

ヘルプが必要ない時は、さりげなく見守りを行う。

 

このさじ加減が微妙なのですが、先輩スタッフのだいご味だと思います。

 

「一人にはさせない。しっかり見ているで。

 

でも、信頼しているから安心してやってよ。」

 

こんな感じを心掛けています。

 

スタッフも、信頼されていることで自信を持つことが出来ます。

休憩時に適度なコミュニケーションをとる

新人スタッフに気持ちよく働いてもらうために、これも大切です。

 

僕の場合は、昼食は別に取ります。

 

「昼食後にコーヒーでも飲もうかな」くらいのタイミングで行きます。

 

さりげなく(笑)

 

内容は、「午前中で困ったことありませんでしたか?」

 

みたいな感じで聴きます。

 

話をしたそうであれば、もちろんします。

 

そうでなければ、無理に話さず「ゆっくり休んで下さい」と席を立ちます。

 

この「付かず離れず」の感じが僕は好きです。

 

一緒に居てほしそうなら、いくらでも居るんですがね(笑)

 

趣味の話とか、話したそうなら盛り上がって話すのもいいですよね。

 

業務終了後に15分のミーティングを行う

新人スタッフが定着するためには、先輩スタッフも気を使わねばなりません。

 

なるべく早く成長してもらうために、最も重要なのはミーティングだと思います。

 

私は、業務終了後に必ず15分のミーティングを行うようにしています。

 

この時間を作ることで、新人スタッフがどんな事に悩んでいるかを把握することが出来ます。

  

もちろん、話しやすい雰囲気をつくる事も大切です。

 

「こんな事聞いたら、笑われるかな?」「怒られたりしないかな?」

 

など、新人スタッフの心境は複雑です。

 

また、時間を作ってもらっても、話しにくいオーラを出されると

 

新人スタッフは話せなくなってしまいます。

 

どんな些細なことでも、しっかり聞いてあげましょう。

 

もちろん、笑ったりバカにしたりするのは問題外です。

 

「自分も最初は、そうだった。」とか「気持ちわかります。」など、

 

親身になって聞いてあげることが大切だと思います。

まとめ

入社してくれた新人スタッフが、気持ちよく働いてくれる。

 

さらに、早く一人前になってバリバリ働いてくれる。

 

こうなると、先輩スタッフとしては嬉しい限りです。

 

そのためには、

 

  • ちょくちょく声掛けを行うこと
  • 休憩時の適度なコミュニケーション
  • 業務終了後に、15分ミーティングを行う

 

私は、この3つのことを大切にしています。

 

働き始めのうちは、新人スタッフは必ず不安を感じています。

 

その不安を解消できるのは、先輩スタッフしかいません。

 

適度に声掛けを行い、コミュニケーションをとる。

 

大切なのは、「私は、あなたを大切に思っています」を伝えることだと思います。

 

「一人にはさせない。しっかり見ているで。

 

でも、信頼しているから安心してやってよ。」

 

こう思ってもらえるスタッフは、必ず自分の力を発揮してくれると思います。

 

新人スタッフが元気だと、チームも元気になります。

 

スタッフが元気であれば、利用者さんにも伝わりますよね。

 

色々な業務を抱えながらですが、新人教育は最も大切なことだと思います。

 

みんなで一緒に、素晴らしいチームを作っていきましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました