ヘルパー

いきいき介護職

介護業界の闇?訪問介護は政府に見放された?~それでもヘルパーが業界最強である理由~

2021年の介護報酬改定で、訪問介護は「ほぼ1単位増」。有効求人倍率15倍という空前の人手不足の中、厚生労働省は決定的な対策を講じません。政府が対策に踏み切れなかった理由と今後の訪問介護について考えます。
いきいき介護職

訪問介護は今後どうなる?~ヘルパー確保のための具体的な対策~

訪問ヘルパーの人材不足は深刻です。筆者の法人で、どのようにヘルパー人材の確保を行っているかについて書いています。また、国はヘルパーの土日利用加算を検討中です。在宅介護の要と言える「訪問ヘルパー」の灯を消してはいけません。
いきいき介護職

介護界で最強の職種?~ヘルパーのススメ~

現在、ヘルパー不足が深刻化しています。そんな中、厚生労働省がヘルパーの処遇改善を検討すると発表しました。この記事では、ヘルパー職によって得られるメリットについて書いています。得られる経験が大きいことや、自由度が高いことなどについても書いています。
いきいき介護職

ヘルパー職が敬遠される4つの理由~有効求人倍率が15倍に~

厚生労働省は、訪問ヘルパーの有効求人倍率が15%を超えたと発表しました。この記事では、ヘルパー職が敬遠される理由を筆者の経験を交えて考えています。「1対1」であり責任は大きいですが、そこから得られる喜びについても書いています。
いきいき介護職

あなたも署名しますか?~介護報酬アップへ50万人署名活動~

来年4月に介護報酬改定を控え、各団体の活動が活発化しています。介護報酬アップを要望として「50万人署名活動」が行われています。書面はもちろん、Webでも署名できます。また、訪問ヘルパー協会も「土日祝対応加算」や「コロナ加算」の導入を希望しています。
タイトルとURLをコピーしました