事業所に「ウリ」が必要な3つの理由~10年後も生き残るために~

いきいき介護職
スポンサーリンク

はじめに

世界に類を見ない「超高齢者社会」を迎えている日本。

 

介護サービスは、無くてはならないものになっています。

 

私は地方のデイサービスの管理者をしています。

 

現在は、目標の稼働率を保っています。

 

他のデイサービスでも、定員いっぱいと聞くこともしばしばです。

 

では、このまま現状に甘えていても良いのでしょうか?

 

デイサービスだけではなく、どの施設でも「ウリ(個性)」が必要になってきます。

 

それは、間違いないと思います。

 

その理由として、

 

  • ニーズによって事業所を使い分ける時代
  • 「団塊の世代」と呼ばれる年代が要介護になる
  • いずれ高齢者数がピークを下回る

 

今回は、この3つを挙げたいと思います。

 

それでは、詳しく書いていきたいと思います。

 

事業所に「ウリ」が必要な理由

ニーズによって事業所を使い分ける時代へ

数年前までは「デイサービス」と言えば「入浴」「食事」を目的とする利用者が大半でした。

 

しかし、現在では「デイサービス」と言っても様々なサービスがあります。

 

「リハビリ」や「運動」を目的とした半日型デイサービスも多くあります。

 

柔道整復師がマッサージを提供するのが「ウリ」のデイサービスもあります。

 

1日型デイサービスでも、様々な特徴を出してきています。

 

私の周辺でも、「畑が敷地内にあって農業が出来る」「購買車がやってくる」など施設

 

特有のカラーを出してきています。

 

ちなみに購買車というのは、車に食品などを乗せて販売する車のことです。

 

田舎では店舗が無いため、大変ありがたい存在なのです。

 

こういう感じのやつです。

 

「デイサービスに行き、買い物も出来る!」というメリットがあるのですね!

 

少し前までは、「財布をもってくるのは禁止」というデイサービスが多かったですが、時代の変化を感じました。

 

「団塊の世代」と呼ばれる年代が要介護になる

「いわゆる団塊の世代」が後期高齢者になると言われる2025年。

 

もうすぐそこまで来ています。

 

団塊の世代の方々は、高度経済成長やバブル経済期を経験されています。

 

一般的には、今の高齢者世代よりも多様なニーズをお持ちであると言われています。

 

誤解を恐れずに言いますと、

 

今は比較的「ありがとう」と言ってくれる高齢者の方が多い。

 

しかし、2025年以降は「様々なニーズ」を求める高齢者が増えてくる。

 

ということになります。

 

これは良い悪いではなく、世代の特徴です。

 

私たちは「様々なニーズ」を持つ世代に対応して、サービスを提供すればいいのです。

 

そのためには、単一でなく複数の選択肢を提供できるサービスが必要です。

 

利用者の好みによってレクリエーションを選択できたり、パチンコやマージャン台がある施設というのも魅力的かもしれません。

 

実際に、食事にコース料理を採用しているデイサービスもあります。

 

調理は、シェフが行い、目の前でコーヒーを淹れてくれます。

 

そういう「プレミアム感」も大きな特徴と言えます。

いずれ高齢者数がピークを下回る

超高齢社会と言われる日本では、高齢者数はいつまでも多い!

 

というイメージがありますが、もちろんピークがあります。

 

2040年に、高齢者数のピークを迎えると言われています。

 

しかし、それは全国的な数値です。

 

地域によっては、もっと早くピークを迎えます。

 

言い換えれば、

 

地方の中には、近いうちに高齢者数が徐々に減少していく都市がある

 

ということです。

 

つまり、施設にとって顧客である「利用者」が減少することになります。

 

そうなると、今までのように新規利用者がどんどん来る状況は無くなります。

 

努力しない事業所は、淘汰されていく時代がやってきます。

 

その厳しい時代を生き抜いていくために、事業所の「ウリ」が必要となってくるのです。

 

「リハビリテーションが出来る」「レクリエーションが選択できる」「畑仕事ができる」「マージャンが出来る」など・・・

 

最初は何でもいいと思います。

 

ケアマネジャーさんへのアピールにもなります。

 

「この利用者さんは、ここのデイサービスが合いそう!」

 

と思ってもらえるような特徴づくりをしていきたいですね。

まとめ

今回は、事業所に「ウリ」が大切な3つの理由について書かせてもらいました。

 

  • ニーズによって事業所を使い分ける時代
  • 「団塊の世代」と呼ばれる年代が要介護になる
  • いずれ高齢者数がピークを下回る

 

「とりあえずデイサービスに行けば安心・・・。」

 

のような時代は、もう既に終わっています。

 

「リハビリ」や「豪勢な食事」「パチンコが出来る」など多様なニーズに応えることを始めている事業所も多くあります。

 

それに加えて、高度成長期やバブル経済を経験してきた「団塊の世代」が利用者さんになる。

 

デイサービスなどの施設には、更なる多様性が求められます。

 

また、都市によっては高齢者数が減少していくところもあります。

 

10年後、20年後を生き残っているために、

 

この施設の「ウリ(個性)」は〇〇〇です!

 

と言えるようにしておきたいですね。

 

ちなみに、筆者のデイサービスの「ウリ」は「多人数で行うレクリエーション」です。

 

「こういうデイサービスに来たい!」と思って頂けるように頑張っています。

 

「ウリ」をどんどん強化して、最強の施設を築き上げましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました